【危機一髪!】通報を受けた警察官が事故車に近づくと…→大 爆 発

事件

事故車に近づくと…

警察官は、一般の人よりも危険に晒されることが多い。銃社会の国ではなおさらだろう。

先日、アメリカの警察官の身に起きた、危険な瞬間を収めた動画が話題になっている。

家に車が突っ込んできたという通報を受け、現場に急行。1人の警察官がその事故車に近づくと…

実際の様子がこちらだ。

あぶねえ!警察官は無事なのか!?

あと1歩進んでいたら…

動画からわかるように、警察官が近づいた車が大爆発を起こした。どうやらガスの供給管を破損させてしまったようだ。

警察官2人を含む、5人がケガを負ったが、死者は報告されていない

無事でよかった…いやホントによかったよ…屋根を吹き飛ばすほどの爆発で、死者がいても不思議ではなかった。もしあと1歩でも進んでいたら…

運転者は無免許

原因となった車だが、運転者は「ブレーキが壊れた」と供述している。しかし、警察によってあえなく逮捕。無免許運転をしていたようだ。

免許を持っていないなら、ブレーキが壊れたというのもかなり怪しい。単純な操作ミスの可能性も考えられる。

車そのものが危険な乗り物であり、そして今回のように、事故の後には命に関わる二次災害が起きることもある。

無免許運転などもってのほか。皆さんも、運転するとき、そして事故の対応をするようなときには、十分に気をつけていただきたい。

参照元:TwitterDaily MailFOX NEWS

あなたにおすすめ

記者紹介記者一覧

akt

気軽に生きていたいけど、そうできないタイプの学生。最近の悩みは二日後に筋肉痛が来ること。

この人が書いた記事記事一覧

ちょっと前の人気記事!