【さすが中国】犬だと思って飼っていたペットが実は○○でした…

動物

「まだ子どもの大型犬だと思っていました」そう語るのは中国・雲南省に住むスー・ユンさんだ。

2年前、スーさんはを飼うことにした。チベタン・マスティフという大型犬だと思ってその犬を飼っていたのだが、どうも様子がおかしい

1日で箱いっぱいの果物とバケツ2杯分の麺を食べるほどの異常な食欲を見せ、そしてみるみるうちに大きくなっていった。

それもそのはず、なんとスーさんが飼っていたのは犬ではなく、クマだったのだ!!

犬って聞いてたのに…

成長するにつれて、だんだん犬とは思えない見た目になっていた。なぜならクマだから。

体重は100kgを越えた。なぜならクマだから。

二足歩行も始めた。なぜならクマだから。

さすがに怖くなったスーさん。警察に通報し、飼っていたクマを雲南省の野生動物保護センターに引き取ってもらうこととなった。

でも人になつくクマもいるし、もしかしたらそのまま飼い続ける事もできたんじゃない?と思った筆者。

でも実際のクマを見てみると…

すみませんでしたあああ!ぜっっったいムリです!!めっちゃでかい!!

保護対象の動物

そもそも中国では、違法な狩猟によってクマの数が激減しており、現在クマは保護の対象らしい。何にしろ、飼い続けるのは難しかったようだ。

保護対象の動物を飼っていたスーさんだが、刑罰が下されることはない見通しだ。まあ犬だと思っていたわけだしね…

偶然ではあるが、密猟の危険から救われたクマ。これからも幸せに暮らして欲しい。

参照元:YOUTUBEINDEPENDENTRT

あなたにおすすめ

記者紹介記者一覧

akt

気軽に生きていたいけど、そうできないタイプの学生。最近の悩みは二日後に筋肉痛が来ること。

この人が書いた記事記事一覧

ちょっと前の人気記事!