【賛否】テープで補強されたようなこの靴の値段が6万円でプチ炎上!

アート

ぼろぼろのスニーカー?

時にファッションとは、常人には理解できないレベルのものが存在する。

先日、スニーカーで有名なブランド、ゴールデングースが発売したあるアイテムが話題となっている。

それがこちら。

靴のつま先の部分がテープで補強されているようなスニーカー。しかも値段はおよそ6万円。まじかよ…

※中古ではありません

この靴はれっきとした新品の靴。古着屋やメルカリなんかで買ったものではない。

元々ゴールデングースは、使い古したようなスニーカーを発売してきた。それでも「ちょっと汚れてるかな~」というレベルのものであった。

今回発売した、スーパースター・テープドスニーカーは見るからに”ちょっと”というレベルではない。もちろん、本当にテープで補強しているわけではないが、それでもパッと見た人は、あの人の靴、大丈夫かな…と心配してしまうだろう。

「貧しいということを賞賛しているみたいだ」

このスニーカーが発売されると、ネット上で賛否両論の声が上がった。「理解できない」「貧しいということを賞賛しているみたいだ」「ブランドのコンセプトだと考えるべき」などの意見が飛び交った。

新しい靴を”あえて”ぼろぼろにすることをデザインの1つ捉えるかどうか、というところが問題だろう。読者の皆さんはどう思いますか?

ちなみにこのスニーカーは売れ切れてしまっているところが多い。どうしても欲しいという人は、偽物に気をつけて色々なところを探してみて欲しい。

参照元:MORDSTROMCNNNDTV

あなたにおすすめ