【切ない】もうご主人は亡くなったのに・・・たった一匹で80日間も飼い主を待ち続けた忠犬

動物

いつ帰ってくるの?と一匹だけで待ち続ける犬

ペットを飼ってる人の中には、仕事や学校から帰って来た時、「おかえり!」と尻尾を振ってお出迎えしてくれるワンちゃんもいる。それ程に、犬にとって飼い主に会えることはとても嬉しい事なのだろう。

だからこそ、飼い主が突然いなくなってしまったことを理解できず、会える日を待ち続けてしまう犬もいるのかもしれない。

そんな哀しい過去を持ったひとりぼっちの犬が、先日、モンゴル南部の都市フフホトにて発見された。

激しく車が行きかう道路の真ん中に、白黒の犬が佇んでいる。とてもさみしげなため、撮影者が近寄ろうとするも・・・嫌がって離れていくではないか。

発見したのは近隣で働くタクシードライバーの男性で、11月10日に撮影されて以来、中国版ツイッター”ウェイボー”で大きく話題になった。

今年の8月21日、この近辺でとある女性が亡くなったそうで、それ以来毎日この犬を見かけるようになったという。

撮影した男性は、英BBCの取材でこのように答えていた。

「この辺のタクシードライバーがご飯をあげようとするけれど、車から出ようとした瞬間に逃げていくんだ。
飼い主とこのイヌの絆はとても深かったのだろう。女性が亡くなってから、まるで番犬の様に立ち続けているんだよ。
それから毎日ここにいてね、いつも見かけるんだ。犬と人間の関係って素晴らしいね。」

この動画が拡散されると、「なんて忠実なんだ。僕も犬を飼ってて、学校から帰ってくるのをいつも待っててくれた」「悲しいワンちゃんだな・・・」といったコメントが多く寄せられていた。

一方で、道路の真ん中に立っているのは危ないという声も少なくなかった。この動画によって動物愛護団体の耳に届き、プロの手によって安全な場所に移動してもらえることを願うばかりである。

このワンちゃんが飼い主さんの死を受け入れる日は来るのだろうか。飼い主の後を追って死んでしまうことなく、天寿を全うしてほしいものだ。

 

参照元:BBCYoutube

あなたにおすすめ

記者紹介記者一覧

手羽先

氷をぼりぼりたべるのがだ~いすきな異食症のキタキツネです。ツイッターでは日本一下品かつ雑にニュースをアップしています。写真はTinderで出会った蔵王きつね村に在住の子です。

この人が書いた記事記事一覧