【なんじゃこりゃ!】ニュージーランドで打ち上げられた謎の生物の正体は〇〇だった!

ミステリー

     

この広い地球上では、ネッシーに酷似した生き物ボロ雑巾のような生き物など、さまざまな謎の生物が発見されている。

そして今回、また新たに発見された生物が話題となっているのでご紹介しよう。

この謎の生物は一体…?

11月24日、ニュージーランドのクライストチャーチにあるカンタベリービーチの海岸に打ち上げられた奇妙な物体がコレだ!

なんじゃこりゃ!!!

と思わず声をあげてしまいそうな変わった生き物である。

この写真の撮影者であるハンナ・マリーさんは、Facebookにこれらの写真を投稿するとともにこう呼びかけた。

この魚、エイ、エイリアンのような物体が何か、わかる人いますか?

SNSに投稿すると専門家から回答が

ハンナさんは、この物体をさらに違う角度から撮影し投稿した。
羽のようなところには爪があり、
長い尻尾のようなものもある。
尖った鼻もしくは口先が特徴的だ。
さあ、この物体が何かわかった方はいらっしゃるだろうか。

幸運なことに、ハンナさんの投稿をみたニュージーランド国立水・大気研究所の海洋生態学者であるマルコム・フランシス博士が正解を導き出してくれた。

実はこれ、ガンギエイの一種で雄のニュージーランド・ラフ・スケート(学名: Dipturus nasutus)だという。

ニュージーランドの南島の海域ではよくみられる生物で、羽から生えている爪は交尾中に雄のスケートが雌に抱きつく際に使用されるため、識別するための大きなヒントになったようだ。

今回は回答を得られスッキリしたが、いまだ謎が残る生物もたくさんいるはず。もし奇妙な生物を発見したならば、ハンナさんのようにSNSを利用してみるのも一つの解決策であるに違いないだろう。

許諾元:Hanna Mary Facebook

あなたにおすすめ

記者紹介記者一覧

sugi

海外生活に憧れ日本を飛び出した、考えるのは苦手な即実行型。自称人生経験豊富だがフリスクの開け方をつい最近知った実は箱入りアラフォー娘。

この人が書いた記事記事一覧