警察犬「くんくん…むむ、これはドラッグ!」⇒鼻から入ってしまい過剰摂取してしまう!!

動物

ワンちゃんは処置を受け無事復帰

嗅覚の鋭いイヌは、麻薬探知犬や警察犬として大活躍する。

しかし今回のワンちゃんは、匂いを調べているときにうっかり粉が鼻に入ってしまい、一時危険な状態に陥ってしまった。

こちらのワンちゃんは、米フロリダ州ブレバード郡の保安官事務所の警察犬ジェイク。多くの船が停泊する、ポート・カナベラルという港で働いている。

1月16日水曜日、ここに寄港したノルウェーのクルーズ船に乗っていた乗客から、鎮静剤と予防薬、そして処方箋のない不審な薬を発見。

そこでジェイクに匂いを調べさせていたところ、誤って粉末が鼻の中に入ってしまった。犬の体は小さいため、少しの量でも過剰摂取となってしまうのだ。

ジェイクの様子がおかしいことに気付いた保安官は乗客を拘束。成分を調べると、それは禁止薬物であるエクスタシーとアンフェタミンであることが判明したという。

その後、ジェイクは少し時間を置いて普通の状態に戻ったとのこと。動画には、処置のために腕の毛がそられた跡が残っていた。

すぐにジェイクは職務に戻ったそうだが、警察犬の安全を守るため、再発防止に努めて欲しいものだ。

 

参照元:FacebookKSNT.com

あなたにおすすめ

記者紹介記者一覧

手羽先

可愛い動物だけでなく、オフビートでシニカルな笑いをお届けできればと思います!

この人が書いた記事記事一覧

ちょっと前の人気記事!