【息ピッタリ!】中国の小学校の全員ダンスの動きが完全シンクロしててすげぇ!!

エンタメ

校長先生身軽過ぎ!!

中国ではぽつぽつとダンス教育がスタートしているようだが、今回の動画は世界中に衝撃を与えたようだ。

こちらの中国山西省にある小学校では、朝礼の時間にダンスの発表が行われた。

手前にいるやたらとキレッキレな男性は、なんと校長先生。40歳でありながら、700人にも及ぶ児童たちと一緒にダンスをしている。
とてつもないシンクロ率に、あなたは驚愕するに違いない。その動画がこちらだ!

一糸乱れぬ動きと、元気な掛け声、そして校長先生の動きがキレキレで凄い。

中国では1951年から、小学期から高等中学期までの学生に、朝の体操の時間が設けられている。それまでは他の学校と変わらずラジオ体操をしていたというが、そんな中校長先生は、体力づくりの一環としてダンスを教え始めたという。

中国のメディア”Southern metropolis news”に対し、その経緯についてこのように語っていた。

「児童が朝のラジオ体操の時間への興味を失わせないために、何かを変える必要がありました。

その中で、ダンスは子どもたちにとってとても良いと思いましたね。音楽はエネルギーを与えてくれますし、私たちのハッピーな気分を向上させてくれます。
子供達は途中でスマホをいじりはじめることなくなりました。
私はたまに、児童と一緒に別の動画を見て次にやりたい動きを学んでるんです!」

ダンスは昨年10月から開始し、踊りの基本的なルーティンを教え始め、みんなかっこいいステップを踏めるようになっていた。今となってはクラスの先生も踊っているのだそう。

この映像が公開されると瞬く間に25万回も再生され、「なんてカッコイイ校長なんだ!ダンス教えてくれ!」「見てて元気をもらえる。素晴らしい先生だ」といった称賛の声が相次いだ。

ダンスを教えているのはこちらの学校だけではない。2011年にも、重慶市郊外にある小学校ではマイケル・ジャクソンのスリラーをラジオ体操として踊っていたことがある。

ダンスを取り入れることで、体力づくりだけでなく、子供達も楽しめるようなカッコよさも忘れないのが素晴らしい。

子供達もきっと「どや!かっこいいだろ!」と家族に見せびらかしたくなっちゃうに違いない。

 

参照元:Facebook

あなたにおすすめ