【なんじゃこれ】グッチの新作セーター9万円が黒人侮辱だと批判され販売中止に!

カルチャー

高級ファッションブランドはフェンディの卑猥なスカーフのように、時に我々が驚くような奇抜なアイデアを世に送り出す。

一般人には想像できないような斬新なデザインはブランドを確立する上で重要かもしれないが、それが人種差別を彷彿させるようなデザインであれば、また話は別である。

ブラックフェイスは黒人侮辱にあたる

日本でも馴染みの深いイタリアの高級ファッションブランド「グッチ」。そのグッチが手がけた9万円のセーターが黒人を侮辱していると物議を醸し、販売中止となった。

そのセーターがこちらだ。

口元まで覆う黒いセーターは口の部分だけ抜かれ、その周囲は赤く分厚い唇を想像させる。

このデザインが黒人侮辱を意味する「ブラックフェイス」を連想させると批判が殺到したのである。ブラックフェイスとは黒人以外の演者が黒人を演じるために顔を黒塗りにするもので、世界では人種差別行為だとされている。

グッチ側は謝罪し販売を中止することに

これを受け、グッチは公式ツイッターでこう謝罪した。

深く謝罪いたします。そして実店舗とオンライン両方で商品を取り除き販売を中止することを発表します。今回の出来事を通して、社内の多様性を高めていきたいと思います。

近年、プラダの人形が黒人差別だと批判を受け販売中止になったり、D&Gのプロモーション動画で中国人モデルが箸でピザやパスタを食べる様子が公開されたりと、高級ファッションブランドにおける人種差別が問題となっている。

これに対しては「なんでも差別に結びつけすぎ」だという声も多く上がっているが、誰もが納得のいく”正解”を導き出すのは難しいのかもしれない。

参照元:InstagramTwitter

あなたにおすすめ

記者紹介記者一覧

sugi

海外生活に憧れ日本を飛び出した、考えるのは苦手な即実行型。自称人生経験豊富だがフリスクの開け方をつい最近知った実は箱入りアラフォー娘。

この人が書いた記事記事一覧

ちょっと前の人気記事!