【道を譲れ!】ロンドン近衛兵が前方にいた子供を押しのけ我道を進む動画が物議を醸す!

カルチャー

近衛兵が子供を押しのける動画が物議

イギリス陸軍近衛師団麾下の各部隊に所属する近衛兵(このえへい)は、バッキンガム宮殿やロンドン塔に常在しており、その直立不動の姿勢で警衛を行う姿が観光客にも人気となっている。

しかし時に、故意ではないにしろ職務を妨害する観光客らとのトラブルに見舞われてしまうこともあるようだ。

以前、ウィンザー城を訪れていた観光客の男性は写真撮影のために近衛兵に近づきすぎたため「離れろ」と怒鳴られてしまったこともあったが、当時は「怒鳴られて当然」「男性の配慮が足りない」との声が続出した。

だが今回は相手が子供だっただけに物議を醸してしまったようだ。問題となっている動画をご覧いただこう。

@user7312510220627 Nobody is safe 😢 #england #royalguards #foryou #foryoupage #london ♬ original sound – user7312510220627

直進する近衛兵の目の前には子供の姿があったのだが、近衛兵は子供を避けるわけでもなく、なんとその場に押しのけたのだ。そして転んだ子供をよそに、近衛兵はただただ我が道を突き進んで行くのである。

物議「責務を全うしたまで」「無慈悲」

動画は12月28日にTikTokに投稿されると瞬く間に拡散されることとなった。キャプションなどから、投稿主の姉がロンドンを訪れ、旅行1日目にロンドン塔で起きた出来事のようだが、突然行進をはじめた近衛兵を前に姉もその子供も注意を怠っていたのかもしれない。

幸いにも子供に怪我はなかったようだが、この動画がSNSで拡散されると「近衛兵は責務を全うしたまで」「邪魔をした子供が悪い」「親の監視不足」「ここまでする必要があるのか」「無慈悲だね」などと様々な声が上がることとなった。

このニュースはイギリス国内でも報道され、国防省はこの近衛兵は義務を果たしただけで問題のある行為とはいえないと異例の声明を発表したとのこと。近衛兵が観光客に人気となっているとはいえ、それは意図せず作り上げられたものであり、彼らはただ自分に与えられた仕事に徹しているということを忘れてはいけない。

参照元:TikTok

あなたにおすすめ