【これは酷い!】航空会社のずさんな荷物管理のせいで400年前の貴重な楽器が無残な姿に、、

旅行

見る影もなく…

仕事などでよく飛行機を利用する方は、荷物管理について気にしたことがあるだろうか。大きな荷物なら、基本的には預けることが多いと思うが…今後はそういった際にも注意しなければならないようだ。

音楽家のマーナ・エルゾーグさんは、飛行機でリオデジャネイロからローマに向かう途中、愛用している楽器を航空会社に預けた。しかし到着した後、その愛器の姿を見てみると…

実際の写真を見ていただこう。

Myrna Herzogさんの投稿 2018年1月5日(金)

完全に壊れてる…

17世紀のビンテージ品

壊されてしまったこの楽器は、17世紀に製作されたヴィオラ・ダ・ガンバというチェロに似た楽器。当然、マーナさんはこれに激怒。

「アリタリア航空は丁寧に運ぶと言ったのに、到着したら車にひかれたような状態になっていたのよ!!」と怒りのコメントをつけ、今回の写真をフェイスブック上に投稿した。

Myrna Herzogさんの投稿 2018年1月5日(金)

ケースまで酷く壊れているのがわかる。このヴィオラ・ダ・ガンバはなんと、2000万円以上の価値を持っていたらしい。

航空会社「我々に非はない」

今回の騒動に対して、アリタリア航空は「私たちはもう1つのビオラ用の座席の購入を提案しましたが、彼女はそれを断りました」とあくまでマーナさんに責任があるということを主張している。

しかし、マーナさんは座席の話など聞いていないと話している。

SNS上では、「最悪だね…」「(航空会社を)訴えてしまえ!!」など、マーナさんを擁護する声が多く、アリタリア航空は炎上しているようだ。

読者の皆さんも飛行機で大きな荷物を運ぶ場合は、十分に気をつけて欲しい。

参照元:FacebookFOX NEWSRT

コメント

  1. . 匿名さん (返信)

    普通航空会社は客このサイズの楽器を持ってきたらまずは1席買うことを強く薦める。そして、被害者も演奏家の端くれならば、自分のサイズの楽器を飛行機で運搬するならば楽器用の席を買わなければいけない事は知っておかなければならない。しかも、これが初めての楽器運搬ではなかろうに。

    航空会社が『責任ない』と言ってるのは、indemnificationと言って、どうしても席の購入を拒否した客に対し、『免責事項』として書類に客のサインをもらう。こうして客は自分の選んだ要求とリスクを引き換えにする。
    おそらくアリタリアは、この客のサインをその場で取り付けていたのだろう。

    この事件に関しては被害者が主観をもって感情的にSNSに上げた写真や文章を引用して書かれた記事ばかり。そしてここのこの記事も100%航空会社が悪いような書き方。
    そもそも航空約款やこの時の事実をきちんと客観的に分析、勉強してから記事として広めてもらいたいものだ。

    そもそもこんな高価な楽器を受託手荷物にする時点でプロの演奏家として失格だとおもう。
    高価なら、それを初めから預けようとするならジュラルミンなどのもっと強固な楽器ケースにいれなければいけない。
    私には被害者が自分の準備不足、下調べ不足または自分が楽器分の1席買うことをケチった過失を棚にあげているようにしか思えない。

  2. . 匿名さん (返信)

    まぁね・・・。かといって航空会社側が客の荷物を写真にあるような丁寧にとは到底思えない扱いをすることが仕方ないとも思えないけどね。ただまぁ楽器を持参した女性にも非がないとは言えないよね。自分の楽器に対する管理に愛情が感じられないから。第三者が客観的に判断すれば、そういった声が多く出てくることは容易に予想される。

  3. . 匿名さん (返信)

    航空会社は、丁寧に扱うと言っても、運ぶのは下請け、荷物投げてるとこ何回も見たし、
    私なんか安いバイオリンだけど、怖くて預けられないから、機内に持ち込めるケースを事前に予約したり、頻回になって機内持ち込みサイズのケースを購入しました。
    何千万の楽器を預けられる人の気持ちがわからない

  4. . 匿名さん (返信)

    この破損状況はビジュアル的にはなかなかインパクトあるので「これはヒドイ!」と言うイメージを与えるでしょう。
    しかしそもそも機内持ち込み手荷物に関する制限はどこの航空会社でも設けており、バイオリンやギター等の楽器類は大体制限を超えたサイズ。仮に過去に持ち込みできていたとしてもそれは「好意で」見逃してくれていた事。好意を強要するのはただの図々しい人です。
    私が知りうる限り、ほとんどの航空会社はチェックイン荷物の中身の破損に関しては免責であり、外装に関してのみ一定のルールに従って責任を負います。どうしてもチェックインするのであれば(未だかつて利用している人は見た事ないですが)内容品付加価値対応を有料で実施する事も論理的には可能ですが、これも+αのコストが掛かります。
    一番一般的なのは、チェックインするのではなく、オーバーサイズ機内持ち込み手荷物としてもう一席購入し、持ち込みをする事。チェロのような大型楽器をお持ちの方はよく利用されています。

    今回の事案について言えば、航空会社側もここまでの酷い破損になる取り扱いについて言えば一定の責任はあります(ただしケースの破損に限定して)。更に厳密に言えばその責任も航空会社ではなく空港内荷物搬送システムのトラブルによる場合であれば航空会社ではなく空港管理者の責任の可能性も。
    しかし最大の責任は楽器用の席を購入する事を拒み、運送約款に基づいた免責事項も棚にあげ、一つ一つの事案に反論しない(できない)航空会社に責任を負わせようとしている旅客自身にあると思います。

    また、双方の言い分を分析せず、感情だけで「ひどいよねー!」と記事にしている筆者aktさんも極めて無責任な行動であり、間違った認識を世間に拡散している事を自覚すべきだと思います。

  5. . 匿名さん (返信)

    楽器の機内持ち込みを許容する流れであり、かのUAでもギター許容している。ただし、機内に置き場所を確保できる場合に限るなど条件があるようですが。楽器用に1席購入を薦めるような航空会社はもうないと思います。

  6. . 匿名さん (返信)

    >>5 あくまでもそれは「好意で」の範疇が主だと思いますよ。そしてアマチュアではなく、プロになればなるほど高確率で楽器用の一席を購入する確率は高くなるようにお見受けします。
    UA社限定では解りかねますが、少なくとも日系・非米系の航空会社では(目をつぶる事は時としてあっても)ルール上は不可が主流です。

  7. . Lena Yokoyamaさん (返信)

    このニュースは後から、

    1,楽器奏者は、チェックイン時に飛行機会社に楽器用に追加料金を払いもう一席購入することを勧められたが頑なに断った

    2,飛行機会社は奏者に対して、楽器を貨物室に預けることは楽器を損傷するリスクを伴うことを何度も説明、説得した

    ということが発覚しました。私はイタリアでヴァイオリン奏者をやっております。そもそも、チェロなどの大きな楽器は座席をもう一席事前に予約(基本的に半額前後)するのは常識です。金銭的な問題やコントラバスなどの大きな楽器でどうしても貨物室に預けないといけない場合は、専用の床に固定できるフライトケースを借ります。それでも温度差やエアポケットなどの衝撃で楽器が損傷することがあるのに、彼女のように固定できない、薄い普通の楽器ケースで貨物室に預けるのは99パーセント楽器が壊れることがわかりきって預ける事と同じです。
    1600年代製の貴重な楽器を大切に守り次世代につなげることが、その楽器を演奏する奏者の責任と私は思っていますので、彼女のしたことは無責任で許されない行為です。

  8. . 匿名さん (返信)

    っd

  9. . 匿名さん (返信)

    指板にシール。初心者では?本当に2000万? プロなら絶対に預けない。

コメントを残す

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

ライター紹介ライター一覧

akt

気軽に生きていたいけど、そうできないタイプの学生。最近の悩みは二日後に筋肉痛が来ること。

この人が書いた記事記事一覧

ちょっと前の人気記事!