【よ~く見てみて】中央の×マークを見続けると、、、そこに見えるのは信じられない光景だった!?

トレンド

見えるもの全てを信じてはならない

そこにあるものがないように見えたり、ないのにあるように見えたり、実物とは違った色に見えたり…我々はものを正しく認識できているとは限らない。実際のものとは異なっているように見える、錯視といわれる現象が起きる。

これまでにもedamame.では、いくつか錯視を紹介してきたが、今回もそんな錯視の1つを紹介しよう。

絵が消えた…!?

先日、海外のネット掲示板で1枚の画像が話題となった。その絵をしばらく見つめていると消えるらしい

一体どういうことだろうか?とにかくその絵を見てもらおう。

画像中央の×をまばたきせずに、しばらく見つめていただきたい。

色が消えて真っ白になった…なんじゃこりゃ…

トロクスラー効果

この不思議な現象は、トロクスラー効果と呼ばれている。真っ白に見えるのはフィリング・インといい、画像の一部が、周辺の部分に溶け込んでしまうこと。ある一点を見つめているときも、我々の目が常にわずかに動き続けていることが原因の一つだそうだ。

掲示板では「これは面白い!」「何回でも消えるね」「黄色は消えなかったな」などのコメントが見られた。個人差や画面の大きさによって、見えやすさが変わるのだろうか。

わかっていても消えたように見えるのが錯視。完全にそのメカニズムが解明されていないものも多数存在している。う~ん不思議だ。

ちなみに人工知能にも錯視が起きるという発表がされている。もっと不思議だ…

でも人工的に再現が可能なら、メカニズムがわかる日も近い…?

参照元:TwitterIllusions IndexNDTVFilling-inの起こりやすさの時空間周波数解析

あなたにおすすめ

記者紹介記者一覧

akt

気軽に生きていたいけど、そうできないタイプの学生。最近の悩みは二日後に筋肉痛が来ること。

この人が書いた記事記事一覧

ちょっと前の人気記事!