【賞賛】ただのピザ配達の男性の「トンデモない才能」に世界が驚いた!

カルチャー

人生何が起きるかわからない

一寸先は闇という言葉があるように、人生は何が起きるかわからない。ちょっとしたことで人生が180度変わったという人もいる。

ブライス・デューダルさんはピザ屋のデリバリースタッフとして働く、何の変哲もない18歳の男性だった。つい最近までは。

配達先で見つけたピアノ

その日もブライスさんはピザを配達していた。配達先は、ジュリー・ヴァーチェッティさんの家だ。そして彼はその家に到着したとき、1台のピアノを目にした。

「きれいなピアノですね。ちょっと見てもいいですか?」ブライスさんは尋ねた。するとジュリーさん家族からピアノの演奏をリクエストされた。

彼はそのリクエストに応えることにした。その様子がこちらだ。

うまっ!!素人でもわかるほどの腕前だ!

彼が弾いたのはベートーヴェンの「月光 第3楽章」。難易度はかなり高く、上級者でないと弾きこなせない曲だ。

ジュリーさんたちも驚き、この様子をフェイスブックに投稿。瞬く間に話題となり、ブライスさんは有名人になった。

ほぼ独学

ブライスさんがピアノを始めたのは6歳のころ。自宅にあった小さなキーボードを使って、見よう見まねで曲を演奏していた。

「ピアノを演奏する人の多くは、ゆったりと、そして美しく弾くけど、僕はピアノの前に座ると全力を尽くしたくなるんだ」と語る。

しかも驚くことに、ピアノはほぼ独学だという。今回披露した曲も、母が買ってくれたベートーヴェンの曲が入ったCDを聞いて弾けるようになったようだ。天才かよ…

そんなブライスさんだが、音楽の方面に進むつもりはないようだ。実は、野球の奨学生として大学に入学することが決まっている。ちょっと残念だと思うのは筆者だけではないだろう。

彼は海外メディアの取材を通して、演奏を賞賛してくれた人たちに感謝しながら、「あなたたちが見たのは、ただのピザの配達員ですよ」とコメントした。

…いや、コメントまでかっこいいじゃねえか!!

参照元:FacebookThe Washington PostFOX NEWS

あなたにおすすめ

記者紹介記者一覧

akt

気軽に生きていたいけど、そうできないタイプの学生。最近の悩みは二日後に筋肉痛が来ること。

この人が書いた記事記事一覧