【新年いきなり好条件】来年1月2日に特大のスーパームーンが見れるぞ!最高の年明けにしよう!

自然

12月4日のスーパームーンは悪天候で残念!

2017年最初で最後のスーパームーン、edamame.読者のみなさんなら、きっとみているはずですよね。

前日12月3日の夜には、その前兆ともいえる「大きくて明るい、スーパームーンに限りなく近い月」がみれましたよね!

「これは期待できる!」と思ったものの、12月4日当日は、あいにくの雨・・・。

▲iphoneで撮影したものの、このクオリティー・・・。

月が明るく大きいのはなんとなーくわかるものの、暗い雲に覆われてスーパームーンと呼ぶには程遠い月だ。

でも、私(sugi)は「ま、いっか~」くらいに余裕をぶっこいてました。

なぜって?

だって、1か月もたたずして、またスーパームーンが到来するからっ!

2018年1月2日!お正月ど真ん中だ!

それは年明け早々、1月2日!


1月2日の満月は、2018年を通して最大の満月になると、国立天文台によって発表されている。そして、前回の12月4日のスーパームーンよりも地球との距離がさらに近くなるため、より大きくみえるはずだ!

これは見逃してはならない!

いや、お正月ど真ん中の1月2日なら、仕事や学校が休みの人も多いだろう。家族や親せきと集まって、連日連夜、食べて飲んでを繰り返しているはずだ。夜更かしをしても翌日の心配もない!

見逃す理由がない!心置きなくスーパームーンを拝めるはずだっ!

1月1日夜から1月2日の明け方にかけてが狙い目!

NASAさん(@nasa)がシェアした投稿

1月2日、朝6時49分頃に月が地球に最接近する。そして、その約3時間半後、昼の11時24分ごろにちょうど満月になる。この時間にスーパームーンが見られるのだ。

・・・・・。
日中で月なんかみれるわけないじゃん。

いや、がっかりしないでほしい。冒頭で述べたように、その前後にみられる月もスーパームーンとほぼ変わりはないのだ。

それを踏まえて考えると、2018年1月1日の夜から1月2日の明け方にかけて、最高のスーパームーンがみられるはずだ!

新年早々、スーパームーンがみられたら幸先良さそうだ。みんなでスーパームーンをみて、最高の年明けにしよう!

撮影:edamame.編集部
参照元:国立天文台PixabayInstagram

あなたにおすすめ

記者紹介記者一覧

sugi

海外生活に憧れ日本を飛び出した、考えるのは苦手な即実行型。自称人生経験豊富だがフリスクの開け方をつい最近知った実は箱入りアラフォー娘。

この人が書いた記事記事一覧

ちょっと前の人気記事!